FC2ブログ

エンジンオイル入れ過ぎによるトラブル

ビューエル&ハーレーのカスタムショップの

ブーンモーターサイクルです。

油圧が上がらないという事でXBが入庫してきました。

カムカバーを開けてみると、

予想通り、クランクシャフトに装着している

オイルポンプギアのギアが粉砕していました。

20190529DSC_0566.jpg

それとなぜか、

オイルポンプ本体のシャフトギアも削れています。

カムシャフトのギア部と接触して

こちらも削れていました。

ポンプシャフトが持ち上がっていました。

20190529DSC_0565.jpg

こんな事は初めてです。

オイルポンプをばらすてみると、

鉄粉でポンプもOUT。

20190529DSC_0568.jpg

オーナーさんに確認してみると、

どうやら、

エンジンオイルを入れ過ぎた様です。

原因の流れを整理してみると、

  エンジンオイルの入れ過ぎ
         ↓
  オイルタンク内のオイルがいっぱいで
    空気の空間が無くなる
         ↓
  オイルのリターン側のオイルが戻れない
         ↓
  リターン側のポンプギアに抵抗が出来、
    ポンプが回らなくなる
         ↓
  エンジンは回ろうとするので、
    ポンプシャフトが浮き上がり
         ↓
  カムギアに接触しギアの欠損
         ↓
  鉄粉がポンプ内に入りこみポンプが固着
         ↓
  クランクのオイルポンプギアとの抵抗ができ、
     ポンプギアの欠損

こんな感じでしょうか。

エンジンオイルの入れ過ぎの原因は

レーシングスタンドを掛けて、

車体を垂直でオイルを入れたようです。

マニュアルにも、

サイドスタンドでとあります。

20190529DSC_0573.jpg

オイル入れ過ぎには注意してください。      
         
・・・でも、こんなになるんだ・・・


にほんブログ村 バ<br />イクブログ<br />へ
にほんブログ村

ブーンモーターサイクル

〒:412-0038
住所:静岡県御殿場市駒門85-2
TEL:0550-87-7517
FAX:0550-87-7518
定休日 毎週月曜日(祭日の場合は、火曜日)
営業時間 AM10:00~PM7:00
E-mail:boon-mc@ked.biglobe.ne.jp


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

XL系でオイル入れ過ぎるとオイルキャップがポンって吹っ飛びますがその圧力がオイルタンクに残留したままになって抵抗になるって事なんですね!
オイルタンクの抵抗でケースからオイルが戻せないからケース側にも圧がかかってそれでもフィード側は止まらないから圧でケースにオイルが入らなくなって前日オイルフィルターシールを圧力で破ってオイルが噴き出したと……………

Re: No title

ヤンイーさん
 多分そうだと思います。なかなか被害がデカいですね。


> XL系でオイル入れ過ぎるとオイルキャップがポンって吹っ飛びますがその圧力がオイルタンクに残留したままになって抵抗になるって事なんですね!
> オイルタンクの抵抗でケースからオイルが戻せないからケース側にも圧がかかってそれでもフィード側は止まらないから圧でケースにオイルが入らなくなって前日オイルフィルターシールを圧力で破ってオイルが噴き出したと……………
プロフィール

boon motorcycle

Author:boon motorcycle
ディーラー経験を元にBUELLに長く乗れる事をアドバイスします。
ビューエルオーナーさんの駆け込み寺として、北は宮城県、西は熊本県からのお客様が数多く来店して頂いております。
興味のある方、ご連絡お待ちしております。

boon motorcycleの勝亦まで。
〒:412-0038
住所:静岡県御殿場市駒門85-2
TEL:0550-87-7517
FAX:0550-87-7518
定休日 毎週月曜日(祭日の場合は、火曜日)
営業時間 AM10:00~PM7:00
E-mail:boon-mc@ked.biglobe.ne.jp

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード