FC2ブログ

XB燃料ポンプのシュラウド装着

ビューエル&ハーレーのカスタムショップの

ブーンモーターサイクルです。

先日、サーキット走行を行う常連さんより、

「燃料が半分ぐらいになると、

ブレーキ時にガソリンが先方に寄ってしまって、

コーナー立ち上がりでガス欠現象が出てしまう」

という相談を受けました。

フレーム内にガソリンの片寄防止の為、

仕切り板を加工しようかという意見もありましたが、

現実的には厳しい。

コーナー立ち上がり時に必要なガソリンの分だけ

キープできればよいという事で、

燃料ポンプをに囲いを付ける事にしました。

で、試作しました。

20190504DSCN4618.jpg

・・・が、フレームが無い状態での作成だったので、

いざ、装着しようしたら、

先端がフレーム内部に接触してしまい装着不能。

至急、フレームの内部に合わせて、

改良しました。

20190504DSCN4620.jpg

とりあえず、装着可能になりました。

後は、どれだけ効果があるか?

オーナーさんに頑張ってもらいましょう。


にほんブログ村 バ<br />イクブログ<br />へ
にほんブログ村

ブーンモーターサイクル

〒:412-0038
住所:静岡県御殿場市駒門85-2
TEL:0550-87-7517
FAX:0550-87-7518
定休日 毎週月曜日(祭日の場合は、火曜日)
営業時間 AM10:00~PM7:00
E-mail:boon-mc@ked.biglobe.ne.jp


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

長文失礼いたします。
十数年前、岡山国際でXBでレース出てました。
その時同じような症状に悩まされました。
同じくXBで走っていた人にもほぼ多かれ少なかれ皆症状が出てました。
長いストレートの後のハードブレーキングの後、アクセルを開けるとガス欠様の症状を来たすというものです。
症状は人によって軽い〜重いものまであって、私の場合は完全にエンストしてました。
燃料のエア噛み等色々考え、防爆材入れることまで検討しましたが・・
結局辿り着いた結論は、タンクのエア抜不良です。
ノーマルのブリーザーホースは、タンクキャップ右側(タンクカバーの中)からエアクリーナーカバーの上を通ってスイングアームピポットあたりで車体下にでているのですが、このホースというのが長い上にゴムホースの途中からプラスチックチューブがつないであり、結構細くなっています。
これがタンクのエア抜きの抵抗になっている可能性と考え、ブリーザーホースの取り回しを替えました。
タンクカバーに穴を開け、そこよりブリーザーホースを真上に引き出し、ライトステー横に設置したキャッチタンクにつなげました。
さらにノーマルのワンウェイバルブを取っ払い、レース用のワンウェイバルブをホース途中に設置しました。
結果エンスト症状は全く起きなくなり、更にはストレートの伸びが良くなり、裏ストレートでのトップスピードが10km/hアップしました。
そしてインフィールドでアクセルオフ時にかなりパンパンいっていたのも改善しました。
やはりサーキットという状況下ではガソリンのエア抜けが悪く、かなり燃調が薄くなっていたのだと思います。
参考になれば幸いです。




Re: No title

元XB海苔 様
書き込みありがとうございます。
今回のポンプ加工したオーナーが、富士スピードウェイでテストをして、燃料の残量チェックランプが点灯した状態でもガス欠症状が無かったとの連絡がありました。
ワンウェイバルブの件は参考にさせていただきます。ポンプのお客様に提案します。


> 長文失礼いたします。
> 十数年前、岡山国際でXBでレース出てました。
> その時同じような症状に悩まされました。
> 同じくXBで走っていた人にもほぼ多かれ少なかれ皆症状が出てました。
> 長いストレートの後のハードブレーキングの後、アクセルを開けるとガス欠様の症状を来たすというものです。
> 症状は人によって軽い〜重いものまであって、私の場合は完全にエンストしてました。
> 燃料のエア噛み等色々考え、防爆材入れることまで検討しましたが・・
> 結局辿り着いた結論は、タンクのエア抜不良です。
> ノーマルのブリーザーホースは、タンクキャップ右側(タンクカバーの中)からエアクリーナーカバーの上を通ってスイングアームピポットあたりで車体下にでているのですが、このホースというのが長い上にゴムホースの途中からプラスチックチューブがつないであり、結構細くなっています。
> これがタンクのエア抜きの抵抗になっている可能性と考え、ブリーザーホースの取り回しを替えました。
> タンクカバーに穴を開け、そこよりブリーザーホースを真上に引き出し、ライトステー横に設置したキャッチタンクにつなげました。
> さらにノーマルのワンウェイバルブを取っ払い、レース用のワンウェイバルブをホース途中に設置しました。
> 結果エンスト症状は全く起きなくなり、更にはストレートの伸びが良くなり、裏ストレートでのトップスピードが10km/hアップしました。
> そしてインフィールドでアクセルオフ時にかなりパンパンいっていたのも改善しました。
> やはりサーキットという状況下ではガソリンのエア抜けが悪く、かなり燃調が薄くなっていたのだと思います。
> 参考になれば幸いです。
プロフィール

boon motorcycle

Author:boon motorcycle
ディーラー経験を元にBUELLに長く乗れる事をアドバイスします。
ビューエルオーナーさんの駆け込み寺として、北は宮城県、西は熊本県からのお客様が数多く来店して頂いております。
興味のある方、ご連絡お待ちしております。

boon motorcycleの勝亦まで。
〒:412-0038
住所:静岡県御殿場市駒門85-2
TEL:0550-87-7517
FAX:0550-87-7518
定休日 毎週月曜日(祭日の場合は、火曜日)
営業時間 AM10:00~PM7:00
E-mail:boon-mc@ked.biglobe.ne.jp

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード